商標登録

フィギャーノートは商標登録されています

figernote%e3%83%ad%e3%82%b4 %e3%81%82%e3%81%99%e3%81%aa%e3%82%8d%e3%83%ad%e3%82%b4 cropped-logo_mark.png

フィギャーノートは1996年にフィンランド人カールロ・ウーシタロ(フィンランドの知的障がい者音楽療法のケア専門職員)が発明。共同開発者のマルック・カイッコネン(フィンランドの音楽教育の専門家)と一緒に、主に障がいのある人たちのための音楽教育・療法用に開発された。ヨーロッパでは既に大変評価されており、2005年のフィンランド国営放送局文化賞(音楽をバリアフリーにした功績)を受賞。エストニア・イタリア・アイルランド等でも普及している。
日本では2002年9月にフィンランドの障がい者施設「リュフトゥ」(指導者としカールロとマルックも来日)を、江差福祉会あすなろ学園が日本へ招待し音楽交流を実施。フィギャーノートを活用し演奏する事に出合う。同年11月にあすなろ学園 樋口英俊現理事長がフィンランドへ出向き、あすなろ学園の利用者と職員への特別セミナーを要請。2003年2月開発者2人が来日し、あすなろ学園用として「フィギャーノート日本版テストマテリアル」を持参しセミナーを開催。同時に開発者と江差福祉会あすなろ学園が、日本においてのフィギャーノート使用権、プロモート権を契約する。
2003年12月5日には特許庁より商標登録が認定される(商標登録第4731407号・第4731408号・第4731409号)。
その後も交流を重ね、2006年3月に日本版フィギャーノート出版(初版2000部)に至る。

現在日本国内における著作権、使用権、プロモート権は、江差福祉会あすなろ学園が所有しています。当法人は江差福祉会あすなろ学園の許可を得て本事業を展開しています。FigurenotesGlobal.Ltd >>©商標登録