せつめい

 楽譜が読めたら楽しいだろうな…

フィギャーノートはフィンランドの障害者のための音楽学校「レソナーリ」で開発された楽譜表記法です。知的障がい者がわかりやすいよう、音の高さや長さを色と形に置き換えて視認性を高めています。一般の楽譜への移行もスムーズです。コード(和音)奏を網羅しているのも大きな特徴です。
カラフルな図形が並んだ楽譜と、鍵盤上に貼るシールをマッチングさせるだけで大好きなあの曲この曲がすぐに弾けるようになります。>>使い方はコチラ

ヨーロッパでは既に高い評価を得ており、フィンランドでは、知的障害に限らず、音楽教育、音楽療法で広く普及しています。2005年には音楽をバリアフリーにした功績で、フィンランド国営放送局文化賞を受賞しています。

日本では2005年にフィギャーノート日本語版が出版され、フィンランドのドキュメンタリー映画「パンク・シンドローム」も周知に一役買いました。フィギャーノート・ユーザーはエストニア、イタリア、アイルランド、スコットランド、アメリカ、マルタ、スウェーデン、オーストラリア、ラトビア、インドネシア、ブラジルなど13カ国以上に広がっています。

日本の学校教育では狛江市(東京都)緑野小学校特別支援学級がいち早く導入し(H21年)、あっという間に「世界でひとつだけの花」やデイズニーの名曲などが弾けるようになって、周囲を驚かせました。自信をつけた児童たちは今、保育園や高齢者施設を訪問し、フィギャーノートを使ったトーンチャイムの演奏指導役を務めることで地域交流の輪を広げています。彼らの取り組みは周囲に大きな感動と示唆を与えたとして、平成27年度には東京都教育委員会から表彰も受けています。
フィギャーノトは楽譜を読むのが困難な人々が演奏を楽しむことを助けるだけでなく、まだ楽譜が読めない幼児からシニアまで幅広く、音楽を学ぶこと、演奏活動を楽しむこと活用できます。