推薦のことば

中川信子さん
(HAPPYMUSE顧問、言語聴覚士・子どもの発達支援を考えるSTの会代表)>>HOME

「ともに歌う」ために

「音楽は世界をつなぐ」といわれます。演奏を聞いているだけで目の前に風景が広がったり、歌を聞いてなぜか涙が出てきたりします。音楽や歌は人や国の境い目をやすやすと越え、心から出て、心へと届くからなのでしょう。
音楽を通して味わえる深い喜びや交流の実感を、子どもさんたちに多く経験させてあげたいといつも思っていました。そういう経験が、「人は信じるに足る」「人生は生きるに値する」と思える力につながると考えるからです。

そのために、自分が実際に演奏したり、歌ったりできるに越したことはありません。でも、楽譜は読むのも難しいし、楽譜どおりに演奏するのは、もっと難しい。
口伝えで覚えてゆくにも限界があります。
はじめてフィギャーノート(絵音符)のことを知ったとき、直感的に「なんてすばらしい!」と思いました。フィギャーノートを導入した音楽活動を行っている狛江のお子さん達が嬉々として演奏している姿を見るにつけても、この喜びを、たくさんの人に知ってもらいたいと思っていましたが、なかなか世の中にゆきわたらず残念でした。

enoki
特別支援学級での導入の様子

このたび、フィギャーノートの普及活動に積極的に取り組むために一般社団法人フィギャーノート普及会HappyMuseが創設されたことを、大変うれしく思っています。
「ともに歌う」ことのできる日をめざし、HappyMuseの活動が全国規模で展開されていきますよう、応援しています。

 

小学6年生のお母様より(東京都)関係者ページ

フィギャーノートに出会って

小学生の息子にはLD(読み書きの学習障害)があります。目と手の協調性が低く思うように動かない要するに一言でいうと「不器用」です。それはウイスク検査でも結果として表れていました。そんな息子が一番嫌いな科目は国語ではなく音楽でした。理由は「楽譜が読むのが大変」「楽器が演奏できない」苦痛でした。回りのみんなが授業を重ねるうちに演奏ができ上達していくのに自分はできないまま取り残される。1人で孤立奮闘しもがく苦痛に耐える時間です。

大勢の音に埋もれて一見、みんなが演奏ができているように見えますが実際は必死に追いつこうとしてもがき必死になっている。そして、みんなの前でのリコーダーテストは、追い打ちをかけるように精神的に追い詰めます。吹けない無様な姿をクラス皆の前にさらけ出すという罰とも思える耐え難い苦痛です。なのでリコーダーテストの前日から「明日、学校へ行くの嫌だな。休みたいな」とぼやき、憂鬱になり鬱憤が溜まり暴れる時もあります。それで連絡帳で昼休みや放課後に1人テストをさせてもらうお願いをして対応してもらっていました。それでもそのうち「吹けないから嫌だ」と「吹ける自分でテストしたい、今は吹けないから学校行かない」という選択をするようになり「学校を休む」と強く主張しはじめました。息子は本気です。

困った私は、夏にフィギャ―ノートオープンデーに参加したことを思い出し「フィギャ―ノートの絵音譜で吹いてみたら?」と提案してみました。会場で数分間でしたが指導を受けた息子はリコーダーを吹けたらしく「ただいま~吹けたよ~」と気持ちよく帰ってきたのです。

息子は「え?学校の(楽譜)もあるの?」と聞くので「あるよ。ホラ」と音楽テストのフィギャ―ノート版の楽譜を手渡すと「あ!ホントだ!でもママ、リコーダー①じゃないよ。リコーダーの②(パート)だよ」…「え?②?それはあったかな?(探す)あった!あった!」と手渡すと息子は、「そう、これこれ!」と早速、フィギャ―ノートを見てリコーダーを吹き始めた。たどたどしいけど吹く度にメロディーになってきてる。3~4回吹いた所で「練習終わり!これで大丈夫!」と笑顔になった。聞いている私が、たった3回の練習で大丈夫なの?と心配になるほど…。息子は「これ(フィギャ―ノート)があれば大丈夫!」とサッサとリコーダーの練習を終えて次に学校の宿題に取り組み始めた。

翌朝、「学校を休む」と息子は言わなかった。忘れ物の多い息子でもあるがその日は、自分で学校の支度をして「音楽♪音楽♪」と音楽バックを忘れないように目のつく居間の座椅子に置いてそそくさと準備していた。そして「フィギャ―ノート、フィギャ―ノート」と音楽の教科書を開きフィギャ―ノート楽譜が挟んであるのを自分で見て確認をして「よし!ある!」とパタンと閉じ元気に登校した。帰宅後に「テストは、どうだった?」と聞いたら「うん、テスト大丈夫だったよ!音楽の教科書に挟んだまま(楽譜台に)立てて吹いたんだ。困った事があってもどうにでもなるもんだね」と笑顔で言う自信に満ちた表情は、親としてもありがたかったし頼もしく感じた。障害があっても必要な手立てがあれば健やかに学べる、成長を支えられるんだ。親としてもフィギャ―ノートによって苦境を救われた。

息子は、横方向を見取るのが特に困難で漢字の「目」と「日」をよく間違えます。そんな息子に、横線だらけの五線譜は地獄であり迷路。迷路をくぐり抜け単純明快に吹けるフィギャ―ノートは「音を楽しむフリーパス」。「音楽なんて授業、この世からなくなっちゃえばいいのに」と友達と一緒に言いあって悩んでいた息子にフリーパスを与えてくれました。「これがあれば生きていける」そう支えてくれるフィギャ―ノートとの出会いに親子で心から感謝したいです。

NPO法人 発達(はったつ)サポートネット バオバブの樹(き)

ことばと読(よ)み書(か)き すーふ 言語(げんご)聴覚士(ちょうかくし) 
沖村(おきむら)可奈子(かなこ)さん
バオバブおきむらせんせい
クリックすると、ふりがなつきのPDFファイルで見られます。

私が日々出会う、発達性ディスレクシア(発達性読み書き障害=学習障害の中心的な症状です)のお子さんたちの多くが、通常学級の中で、人知れずたくさんの不便を抱えています。音読がすごく苦しいことだったり、教科書やテストにふりがながないために、読んでもすっとは理解できなかったり、黒板をノートに書き写すのが遅いため、しんどくなって書くのをやめてしまったり、覚えたはずの漢字が頭から消えてしまったり・・・そんなお子さんたちの多くが、「楽譜わけわかんない」と教えて下さいます。「音楽は好きなのに、楽譜がわからないから、鍵盤ハーモニカやリコーダーは嫌だ」と。でも、彼らが「楽譜を読むこと」に大きな困難を抱えていることに、多くの場合気づかれません。楽譜を見ながら演奏することが、とても苦しいわけのわからないことのまま、学校生活が過ぎていきます。

そんな彼らにとって、同じように苦手な仲間と一緒に、フィギャーノートを使って楽器の演奏を教えてもらえる、松田先生とのグループワークは心躍る時間です。ただただ悪戦苦闘し、諦めてしまっていた時間が、「わかる!できる!」「楽しい!」と思える時間に変わります。「これが小学校の時にあったらなあ・・・」大学生になったお兄さんも嬉しそうです。「できないからやりたくないだけで、やれる方法があればやりたかった」別のお兄さんもこう語ってくれます。フィギャーノートはディスレクシアのこどもたちが音楽を学ぶことを諦めずに済む有効なツールです。

でも、彼らは「学校では使わない。誰も使わないから。」と口を揃えて言うのです。

フィギャーノートがクラスで当たり前に選べる選択肢として、広まっていきますように!

「特別なもの」ではなくなりますように!

私も彼らが学校で音楽を学ぶ機会を奪われない日が来ますように、HappyMuseさんの活動を応援していきたいと思います。

*月に一度、フィギャーノートを使っての音楽療法のグループワークをお願いしています。

中学3年生のお母様より(東京都)

『フィギャーノートを使って』

支援学校中学部に通っている息子に何か続けられるものはないかと探していたところ松田先生が教えて下さるピアノに出会いました。ピアノのレッスンはフィギャーノートを使ってのレッスンでした。フィギャーノートは小学校の支援学級に在籍中、音楽の時間に経験したことがあり、親しみやすいものでした。また絵音符は色や形で区別されていて音符が読めない息子には楽しく取り組めるものでした。

ピアノを弾くことができるようになり2年目の夏には発表会に参加することができました。片手での発表でしたが『やればできる』という自信につながったのではと思います。

これからもフィギャーノートを使って色々な曲にチャレンジしてもらいたいです。

 

小学五年生のお母様より(神奈川県)

『フィギャーノートなら出来る!』

娘は、割と器用でお絵かきや折り紙が大好きです。だから、鍵盤ハーモニカやリコーダーも好きになるものと思っていました。

ところが、上手に使いこなす事が出来ず苦戦しました。

音楽が苦手なのか?道具を使うことが苦手なのか?嫌いなら、やらなくてもいいよ!

そんな時に音楽療法でフィギャーノートを教えて頂き、楽譜が読めていない事に気がつきました。

娘は、発達性ディスレクシア(発達性読み書き障害=学習障害の中核)で、音符に振られたカタカナを読むことに時間がかかり、楽器の演奏まで出来ていなかったのです。

この特性が、国語だけでなく音楽にまで影響していたのには、正直驚きでした。

現在、鍵盤ハーモニカを楽しく演奏している姿を見ていると、娘は演奏が嫌いではなかったし、あの時…諦めなくて良かったと思います。

出来た!という達成感を、積み上げる事が大切な小学生の今、音楽を楽しむ方法が見つかって、本当に良かったです。

(小5娘の母)